2017年10月23日月曜日

11月25日(土)、26日(日) 山木屋の住民の方たちと現状を共有するダイアログ ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~/Dialogue with residents of Yamakiya to share current situations Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)

  11月25日、26日の両日にかけて、
「山木屋の住民の方たちと現状を共有するダイアログ ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~」
を開催いたします。
On 25-26 November,
the " Dialogue with residents of Yamakiya to share current situations Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)"
will be held.

  25日(土)は、山木屋内の現地見学を予定しています。
  26日(日)は、山木屋公民館を会場として、ダイアログを行います。こちらは一般公開となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。

  山木屋の皆さま、関係している皆さまの現状共有の一助としていただくことが、主催の願いです。

〈25日(土)の現地見学について〉【*要事前申し込み 11月11日〆切】
  現地見学受け入れ準備のために、事前申し込み制にしています。午前9時半川俣町役場を出発予定です。参加ご希望の方は、プログラムをご確認の上、2週間前の11月11日(土)までに福島のエートスまでおしらせください。

〈25日(土)の懇親会・宿泊について〉【*要事前申し込み 11月11日〆切】
 25日夜は、つきだて花工房にして参加自由の懇親会があります。参加ご希望の方は、事前に福島のエートスまでおしらせください。また、遠方よりお越しの方は、「おじまふるさと交流館」への宿泊も可能です。こちらもご希望の場合は、11月11日(土)までに福島のエートスまでおしらせください。

〈報道関係者の皆さまへ〉
  取材自由となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。

目的
   2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故により、川俣町山木屋地区は6年間に渡り、川俣町内唯一の避難区域となりました。2017年3月31日をもって山木屋地区は避難指示解除となりましたが、6年間の避難により、帰還後も多くの課題(生活インフラ、農業生産、仮置き場、高齢化の加速等)が残っています。
  このような環境のなかで、帰還された住民の方たちの活動を、住民の中でも十分に共有できているわけではありません。本ダイアログでは、山木屋の多様な状況を共有し、山木屋の将来について考える機会にしたいと思います。

日時・場所
11月25日(土) 山木屋フィールド見学(関係者のみ/一般参加可能)※事前登録制
  夕食(懇親会):つきだて花工房
  宿泊:川俣町小島公民館
11月26日(日) 山木屋公民館(一般公開・聴講自由)
※参加・見学自由、参加費無料、同時通訳あり(同時通訳:株式会社ヒラノ)


  詳細は、以下のプログラムをご覧下さい。
※プログラムは、最終版ではありません。随時アップデートしたものに差し替えますので、ご注意下さい。

お問い合わせは、下記までお願いいたします。
連絡先:福島のエートス ethos.fukushima@gmail.com


主催:山木屋ダイアログ実行委員会
後援:日本財団

2017年10月18日水曜日

福島ダイアログ取組みについての国際ワークショップ抄録集発行のお知らせ/Proceedings of the International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative

  2015年12月福島県伊達市役所シルクホールで開かれた「福島ダイアログの取組についての国際ワークショップ」の発表抄録集がICRPから発行されました。(英文)
The proceedings of "the International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative", which was held on December 2015 at Date city Silk hall, has been published by ICRP.

  本ワークショップ抄録集では、ICRPダイアログセミナーが開かれることになった経緯や、福島のエートスのサイトでダイアログセミナーの資料を掲載することになった経緯についても説明されています。また、ダイアログセミナーが、国内外の多くの関係する方々、支援者によって支えられてきたことも語られています。
On this proceedings, explanations are shown about the circumstance how the Dialogue Seminars was started and why materials at the Dialogue Seminars have been posted on Ethos in Fukushima website. It is also told that the Dialogue Seminars have been supported by many people involved and supporters both domestic and international.

  福島のエートスのサイトにおけるダイアログセミナーの資料の収集は、日本国内の善意の協力者によって支えられてきました。この機会に改めて、これまでに福島のエートスを通じてダイアログセミナーにご協力くださった皆様に、心から厚く御礼申し上げます。ダイアログセミナーの取り組みは、皆様方のお力添えによって初めてなし得たことです。そのことを、こうして記録に残すことができたのは、わたしにとって何よりの喜びです。ありがとうございました。
The collection of the materials on the Dialogue Seminars on Ethos in Fukushima website has been supported by volunteers in Japan. Taking this opportunity, we would like deeply to thank all the people who helped the Dialogue Seminars through Ethos in Fukushima so far. It is clear that the initiative of the Dialogue Seminars could only be achieved with the assistance from all of such people. It is my greatest pleasure that the fact has been hereby kept as a record. I sincerely appreciate it.

【参考/reference】

2017年8月27日日曜日

Annals of the ICRP への原稿掲載のお知らせ/Article published in Annals of the ICRP: "Measuring, discussing, and living together: lessons from 4 years in Suetsugi"

Annals of the ICRP に
が掲載されました。
Ando's article "Measuring, discussing, and living together: lessons from 4 years in Suetsugi" has been published in Annals of the ICRP.

本稿は、2015年に開かれた「ICRP2015 第三回放射線防護に関する国際シンポジウム」発表を原稿にしたものです。
This article is rewritten from the presentation at "ICRP 2015: The 3rd International Symposium on the System of Radiological Protection" held in 2015.

【参考/reference】
ICRP2015での発表原稿、動画等掲載 Presentation on The 3rd International Symposium on the System of Radiological Protection

原稿作成にあたってご協力くださいました荒井多鶴子さんに御礼申し上げます。
We are grateful to Ms Tazuko Arai for supporting the preparation of the manuscript.

2017年8月20日日曜日

Annals of the ICRP への原稿掲載のお知らせ「福島のエートスとダイアログセミナーの4年間、それから、未来?」/Article published in Annals of the ICRP: "Ethos in Fukushima and the ICRP dialogue seminars, and the future?"

Annals of the ICRP に
が掲載されました。
Ando's article "Ethos in Fukushima and the ICRP dialogue seminars" has
been published in Annals of the ICRP.

本稿は、2015年に開かれた「ICRP福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップ」発表を原稿にしたものです。
This article is rewritten from the presentation at "The International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative" held in 2015.

日本語原文の原稿は以下になります。
Original Japanese version manuscript is linked below.

《abstract》
Ethos in Fukushima, a non-profit organisation, participated in 10 of the 12 International Commission on Radiological Protection (ICRP) dialogue seminars over the past 4 years. The slides and videos that were shown at the seminars are recorded on the Ethos in Fukushima website (http://ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogue.html). I would like to introduce the activities of Ethos in Fukushima to date, and explain why the ICRP dialogue materials have come to be published on its website.
《要旨》
NPO福島のエートスは、過去4年間12回に渡って開かれてきたICRPダイアログセミナーのうち10回に参加、またICRPダイアログセミナーで公開されたスライド、動画の資料を福島のエートスのサイト http://ethos-fukushima.blogspot.jp/p/icrp-dialogue.html に収録している。福島のエートスのこれまでの活動概要とあわせてICRPダイアログセミナーの資料を掲載することになった経緯を紹介する。

【参考/reference】
ICRP福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップの動画、スライドを掲載しました。 Presentation at the International Workshop on the Fukushima Dialogue Initiative

2017年8月14日月曜日

Report of Fukushima Dialogue, 8-9 July 2017 - What do we need for our future?

 This time, we've held the Dialogue Seminar at Date City Silk Hall, for the first time in about one and a half year after the ICRP Dialogue Seminar Workshop held on December 2016. I felt a kind of nostalgia since we'd held the ICRP Dialogues in Date City eight times in the past, including the Workshop.

 As shown in the objective in the program, this time we aimed to share views on each situation under such circumstances that there are distinct differences in the recovery process after six years and four months from the disaster, even in each area within Fukushima prefecture. Even out of past Dialogues, We think this time we have the most divergent participants from different areas; i.e. the area where the evacuation order was never issued, where years were passed after the lift of the order, where the order is just lifted, and where the order is still effective. Thus far, many were frantic to deal with their own situation, having hardly any room in their minds to see the situation of other areas. So I had felt that it had been difficult to sit at the same table to share views on each widely different situation among people from different areas. As time passes by, the difference becomes more significant, however, this time participants could listen to the different situation of the each other. This also impressed us the aspect of the passage of time.
 As we have continued holding the Dialogue Seminar, we have found that the number of participants is growing, along with the series of the Dialogues, who states the need and significance of the common ground to share the information and situations. 'Listening to the other people's story, I felt that I also can do my best', 'I'm glad I could convey our situation to other people', 'It is good to know the situation in the other areas' ... It is getting more frequent to hear such comments from the participants as continues the Dialogues.

 In the first-day dialogue session, many stories were told that extend over from just after the disaster to the present and the future. This reflects changes from the passage of time. As time passes, the situation develops and the confronting problems change. On the other hand, sometimes a totally new problem may occur, or a problem may reappear in another shape that one thought it had been once solved. These burdens are accepted by each in a different manner. It is still far from that the events following the disaster are well digested, though, I think it is getting clearer that the point is focusing to how to rebuild one's current and future life atop on the history built over the time of their each own. Furthermore, it is becoming the common understanding that it is important to talk together to share the situation since both the local living conditions and radiological problems are invisible, and that 'joy' should be valued instead of fear to continue the long-running rehabilitation process. Concurrently, it was also often told the importance of ties and connections to other areas to help each other.
 'What do we need for our future' were all invisible values, which told by participants in the first-day dialogue session. No one desired money or public buildings. Confronting the rehabilitation, I thought, the importance was told here that to find, or to create, one's own value and the value which could be shared with other people in other areas.

 On the second day, we invited Ms Anastasia Fiadosenka from Belarus and listened to her experience of the Chernobyl accident. Her hometown was located in the no-entry zone in Belarus, and she was living in a village on the edge of the no-entry zone at the time of the accident. She is one of the 'liquidator', said to be affected by the accident. She told her experience that just after the accident she was picking flowers very near to the NPP, knowing nothing about what is happening, and she brought the flower to her friend's home and then arranged it on a table at her home. To rehabilitate the daily life which had been drastically changed by the accident, she has continued her effort to rebuild new lifestyle after the accident through continuous measurements. Her effort is still ongoing; she told that she has a confidence in the lifestyle at her community.

 The hometown of Anastasia, who is now 75 years old, had been buried by the government and there is no trace of the village today. Entry permission is issued once a year, and families and relatives visit graves. She told about the prohibited her hometown that 'even how it has been changed, it is my homeland; it is my precious place with memories'. She told about her sister, over 90 years old, says she wants to be buried in the grave in the hometown after her death. Currently, some trials have also begun to reuse the land in the no-entry zone in Belarus, e.g. test growing of crops.

 This is the second time to invite Anastasia to Fukushima following to the sixth ICRP Dialogue Seminar held in 2013. Compared to that time, participants were highly interested in the stories of Belarus experiences and there were a lot of thoughts and questions from the venue. This also impressed the passage of time.

 As a reflection for the presentation about children's play at Tsukitate Elementary School in the morning, Ms Hangai from Futaba Town commented; 'I had tears wishing that my grandchildren could graduate the elementary school in Futaba'. We would like you to also see the record of the mini-panel discussion which the spirit for their homeland has been told, of whom from Futaba and Ohkuma. There were contradictory thoughts; one is a desire to return, and at the same time, another is a concern about that they would really be able to return or not. However, at the same time, the solid thought was told that even if it is not able to return the homeland is still invaluable, as same as the thought of Anastasia in Belarus. I think it is the most important thing that these thoughts were told and shared in the participants.

 Through the entire discussions held on the second day, I felt that the process for the rehabilitation is still ongoing in Soso region (around Futaba and Soma area) where the influence from the disaster is still being felt, and many people are still moving for the rehabilitation, or to protect one's own homeland which has not yet established its pathway for the rehabilitation. In the context of the discussion on the future of the evacuation-ordered area, many easily lead to focus on the issue 'to return or not', however, the movement of the people is not such a simple in reality. Some work for the rehabilitation of the hometown commuting from his/her refuge. Some visit to support the rehabilitation from in-prefecture, outside from the evacuation-ordered area. Some visit to see how is his/her hometown which is not able to be returned. On the other hand, some told they have exhausted to the continuous movement along with the lengthening rehabilitation. It is my personal impression that the rehabilitation is not a straightforward thing but is a dynamic process involving such a long-term and complex movement of the people, and we would need a structure to support this dynamic process.

 In the dialogue sessions through these two days, there was also discussions actively from the participants about the role of the Dialogue Seminar should play in the rehabilitation. Still, there are not a few affected areas where has only an unclear future roadmap, so more than one voice called more active role to share and transmit the information in Fukushima prefecture. One told that the actions held in various places in Fukushima prefecture are seen as 'points', isolated;
they should be connected as lines, and eventually as surfaces, for the realization of true rehabilitation. Responding to such proposals, we are currently working on the publication of email newsletters on the Dialogue Seminar and related issues. As things progress, details will be provided on our website.

 Almost all of this Dialogue Seminar has been video recorded and available on our website. Please visit the archive.

 As always, Mayor Nishida and every staff of Date City Office offered the venue and a lot of help. We sincerely appreciate continued patronage of Nippon Foundation and the participation and help of many people from both domestic and international.

Responsible for the article: Ryoko Ando

2017年7月8日、9日 福島ダイアログ「私たちの未来のために、私たちに必要なこと」報告

 今回のダイアログセミナーは、2016年12月に開かれたICRPダイアログセミナーワークショップから約一年半ぶりに伊達市役所シルクホールを会場に開かれました。ICRPダイアログセミナー時代にワークショップを加えると過去8回、伊達市では開催されているだけあって、なつかしいような気が致しました。

 今回は、プログラムの目的にありますように、震災から6年と4ヶ月経過し、福島県内においても各地域の復興状況が大きく異なっている現状の中で、それぞれの状況を共有することを狙いとしました。これまでのダイアログセミナーの中でも、避難指示が出なかった地域、避難指示が出て解除され数年経過した地域、避難指示が解除された地域、まだ解除されていない地域、もっとも多くの地域の方にダイアログにご参加いただけたのではないかと思っています。これまでは、それぞれ自分たちの状況に必死で、ほかの地域の状況に関心を払う余裕があまりなく、状況が大きく異なる地域の人たちで、ダイアログのひとつのテーブルについて状況を共有することは難しかったように感じています。
時間が経過するにつれ、状況の違いはさらに大きくなってしまいましたが、今回、お互いの異なる状況に耳を傾け合うことができました。これは、時間の経過という側面を強く印象づけました。
 ダイアログセミナーを継続して開催してきて感じるのは、会を重ねるごとに、情報や状況を共有する場の必要性を重要性を述べられる参加者が増えてきているということです。他の方の話を伺って、自分も頑張ろうと思った、自分たちの状況を知ってもらえてよかった、他の地域の状況がわかってよかった、と仰る方が、会を重ねるごとに増えているように思っています。

 1日目の対話セッションでは、震災直後の話から、現在、未来と時間をまたがった話が多く語られ、時間の経過による変化を感じさせられました。時間が経過するごとに状況や直面する課題は変わってくる一方で、新たな課題に直面したり、解決したと思った問題が形を変えてあらわれてくることもある、それに対して、それぞれ一人一人で受け止め方も違います。震災以後の出来事を消化したと言うには程遠いものの、それぞれのこれまでの時間の積み重ねの上に、自分たちの現在、そして、未来をどう再建していくのかという点に問題が集約されてきていることが浮かんできたように思います。そして、地域の状況や放射能の問題は目に見えないものであることから、互いに語りあって状況を共有することが大切であるということ、長くかかっている復興を続けていくためには、恐怖ではなく「楽しみ」を大切にしていきたい、ということも共通して見えてきました。同時に、互いに助けあうためにも、他の地域とのつながりが大切である、ということも多く語られました。
 1日目の対話セッションにおいて、皆さんが語られた「未来にとって必要なもの」は、すべて目に見えない価値でした。誰も、お金が欲しい、ハコモノを作ってくれ、と言う人はいませんでした。復興に向かうためには、自分自身にとっての価値、ほかの地域、ほかの人たちとの共有することができる価値を見つける、あるいは、生み出していくことの重要性が語られたように思います。

 2日目は、ベラルーシからアナスタシア・フェドセンカさんにお越しいただいて、チェルノブイリ事故の経験を語っていただきました。アナスタシアさんの故郷は、ベラルーシの立入禁止区域にあり、事故当時、アナスタシアさんは立入禁止区域ギリギリの村に住んでいて、原発事故によって影響を受けたという「リグビダートル」のお一人です。事故が起きた直後は、事故が起きたことも知らず、チェルノブイリ原発のすぐ近くで花を摘んで、それを友人の家に持っていって、自分の家のテーブルに飾っていたという体験も語られました。事故によって大きく変わってしまった日常を再建するために、測定を通じて、事故後の新しいライフスタイルを作っていく努力を続けらてこられました。そしてその努力は、いまもなお続けられており、自分たちの生活に自信を持っている、と語られました。
 いま、75歳となられたアナスタシアさんの故郷は、政府によって埋め立てられ、村の形は残っていません。年に一度、お墓参りの時期には立入の許可が下り、家族や親戚で訪れているそうです。立入禁止区域になった故郷への思いについて、「どんなふうになっても故郷は故郷、思い出もある。大切な場所だ」と言われました。90歳を超えたアナスタシアさんのお姉さんは、自分が亡くなったら、故郷へお墓は作ってほしい、と言っているそうです。いま、ベラルーシの立入禁止区域でも、試験的に作物を栽培してみるなど、土地の再利用への試みははじまっているとのことでした。

 アナスタシアさんに福島においでいただくのは、2013年の第6回ICRPダイアログセミナーについで、2回目になります。その時に比べると、参加者の方のベラルーシの体験談への関心も高く、会場からの感想や質問も多く出ました。これも、時間の経過を感じさせるものでした。

 午前中に、月舘小学校で行われた演劇の取組の発表を受けて、双葉町の半谷さんからは、「自分の孫も、双葉の小学校を卒業させたかった、と涙した」とのコメントもありました。双葉、大熊の方の故郷への思いは、ミニ・パネルでも語られていますので、そちらをご覧いただきたいと思いますが、戻りたいという気持ちもあると同時に、戻れない、本当に戻れるのか、という思いがあることが語られました。しかし、ベラルーシのアナスタシアさんと同様に、戻れないにしても「故郷は故郷」という思いが強くあることも語られました。こうした思いを語っていただき、会場で共有できたことがなによりのことと思っています。
 2日目の議論全体を通して、原発事故の影響がまだ色濃く残る相双地区では、復興のプロセスのさなかであり、復興のために、あるいは、まだ復興の道筋が見えない故郷を守るために、おおくの人がいまなお移動していることを感じました。避難指示区域の将来について語るときに、帰還する/しない に問題を集約させがちですが、現実の人の動きは、そうした単線的なものではなく、避難先から通いながら故郷の復興に関わる人もあり、復興支援のために県内の避難区域外から訪れる人もあり、戻れない故郷の様子を見るために通う人もあります。一方で、避難の長期化に従い、移動する事へ疲労してきたことも語られました。復興は、単線的なものではなく、この先も、長期に渡ってこうした複雑な人の動きをともなう動的なプロセスであり、この動的なプロセスを支えていくための仕組みが必要なのではないか、というのが、わたしの個人的印象です。

 今回のダイアログの2日間の対話セッションでは、ダイアログセミナーが復興において果たす役割についても、参加者から積極的に議論がありました。いまだ、未来図が霧に包まれている被災地が少なからずある中、福島県内の情報を共有、発信していくために、より積極的な役割を期待する声が複数の参加者から出ました。現在、福島県内各地であるそれぞれの動きが「点」として孤立しているように見える。点と点をつないで線にし、それをやがて面になって「復興」と言えるのではないか、との声もありました。ご提案をうけて、ダイアログセミナーに関連する情報を共有するニュースレターをメールで発行することを現在検討しております。決定しましたら、サイトで告知いたします。

 今回のダイアログセミナーの様子については、ほぼすべてを動画として記録し、資料集に掲載してありますので、ぜひご覧下さい。

 開催地となりました、仁志田市長をはじめとする伊達市役所の皆さま方には、今回もお世話になりました。後援をいただきました日本財団をはじめ、変わらずご参加、ご助力を賜りました国内外の皆さまに心より感謝申し上げます。

文責:安東量子

2017年7月29日土曜日

2017年7月8日9日 伊達ダイアログセミナー資料/8-9 July, 2017 the materials of Date Dialogue Seminar

私たちの未来のために、私たちに必要なこと~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~ What do we need for our future?〜Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)〜
(2017年7月8日、9日、福島県伊達市/July 8、9、Date City, Fukushima)


7月8日/July 8
はじまりの挨拶 Opening remarks:ジャック・ロシャール Jacque Lochard(ICRP)
挨拶 Welcome remarks:仁志田昇司 Shoji Nishida(伊達市長 Mayor, Date City)
早川正也 Masaya Hayakawa(福島民報 Fukushima Minpo)
  • 浜通りの現状と課題 Current Situations and Challenges on Hama-dori
  • 映像 Video(YouTube)
平瀬朱美 Akemi Hirase(包括支援センター )
  • 南相馬・小高の現状 Current Situations on Odaka in Minami-Soma
  • 映像 Video(YouTube)
富田 愛 Megumi Tomita(NPOビーンズふくしま)
下枝浩徳 Hironori Shitaeda(葛尾村:葛力創造舎 )
ミニ・パネルディスカッション「避難指示解除後の農業の再開」Mini Panel Discussion on Resuming the Agriculture after the Lifting of the Evacuation Orders
司会 Chair:菅野クニ Kuni Kanno(飯舘村 Iitate Village)
      高橋日出夫 Hideo Takahashi(飯舘村松塚 Iitate Village)
      菅野源勝 Genkatsu Kanno(川俣町山木屋 Yamakiya)
      廣野晶彦 Akihiko Hirono(川俣町山木屋 Yamakiya)
保原太鼓演奏 Festival Drum of Hobara:二六晦日町若連 Nirokumisokawakaren
呑田理美子 Rimiko Nomita(田村市都路 Miyakoji)
  • 解除から3年、何が変わったか:ファームハウス都路 What has changed in 3 years after the lifting
  • 映像 Video(YouTube)
安東量子 Ryoko Ando(福島のエートス Ethos in Fukushima)
ダイアログ Dialogue
大森 真 Makoto Omori(福島市)、小澤洋一 Yoichi Ozawa(南相馬市)、廣野晶彦 Akihiko Hirono(川俣町山木屋)、菅野源勝 Genkatsu Kanno(川俣町山木屋 )、 神藤俊男 Toshio Jindo(川内村)、呑田理美子 Rimiko Nomita(田村市都路 )、高橋日出夫 Hideo Takahashi(飯舘村松塚 )、 富田 愛 Megumi Tomita(NPOビーンズふくしま )、平瀬朱美 Akemi Hirase(包括支援センター )、半谷八重子 Yaeko Hangai(双葉町)、 千吉良高志 Takashi Chigira(双葉町)、下枝浩徳 Hironori Shitaeda(葛尾村)、門馬麻衣子 Maiko Monma(いわき市)、川崎理恵子 Rieko Kawasaki(伊達市)、 早川正也 Masaya Hayakawa(福島民報 Fukushima Minpo)
本日のまとめ Summary:ジャンフランソア・ルコント Jean-François Lecomte(ICRP)
まとめの議論:Discussion

7月9日/July 9
一日目の振り返り Reflection of yesterday’s dialogue:ジャンフランソア・ルコント Jean-François Lecomte(ICRP)
野中俊吉 Syunkichi Nonaka(コープふくしま COOP Fukushima)
中野 茂 Shigeru Nakano(月舘小学校・前校長 Principal of the Tsukitate Elementary School)
アナスタシア フィエドセンカ Anastassia Fiadosenka(ベラルーシ)
ミニ・パネルディスカッション「帰還困難区域の以来に臨むこと」Mini Panel Discussion on What We Hope for the Future of Difficult-to-return Zones
司会 Chair:安東量子 Ryoko Ando
      門馬幸司 Koji Monma(大熊町)
      千吉良高志 Takashi Chigira(双葉町)
      半谷八重子 Yaeko Hangai(双葉町)
アナスタシアからのコメント:Comments from Anastassia Fiadosenka
三瓶政美 Masami Sanpei(いいたてホーム Iitate Nursing Home)
ダイアログ Dialogue
大森 真 Makoto Omori(福島市)、野中俊吉 Syunkichi Nonaka(コープふくしま)、島 明美 Akemi Shima(伊達市)、菅野源勝 Genkatsu Kanno(川俣町山木屋 )、神藤俊男 Toshio Jindo(川内村)、勝見五月 Satsuki Katsumi(福島市)、関 孝男 Takao Seki(川内村)、中野 茂 Shigeru Nakano(月舘小学校・前校長)、 門馬幸司 Koji Monma(大熊町)、半谷八重子 Yaeko Hangai(双葉町)、千吉良高志 Takashi Chigira(双葉町)、門馬麻衣子 Maiko Monma(いわき市)、 三瓶政美 Masami Sanpei(いいたてホーム)、早川正也 Masaya Hayakawa(福島民報 Fukushima Minpo)
本日のまとめ Summary:ティエリー・シュナイダー Thierry Schneider(ICRP)
まとめの議論:Discussions
ゲストからのコメント Comments:Dominique Le Guludec(IRSN チェア)
全体のまとめ:テッド・ラゾ Ted Lazo(OECD)
おわりの挨拶 Closing Remarks:仁志田昇司 Shoji Nishida(伊達市長 Mayor, Date City)
閉会 Closing