2019年7月23日火曜日

2019年8月3日、4日 福島ダイアログ 「福島の復興はどこまで進んだのか−農業と漁業を中心として− ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~」開催のお知らせ/Fukushima Dialogue: How far have Fukushima rehabilitation progressed? -in view of agriculture and fishery- ~Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)~

今回から、NPO福島ダイアログのサイト https://fukushima-dialogue.jp に最新情報を更新していきますので、こちらもご覧ください。


8月3日、4日の両日にかけて、 
「福島第一原発事故のあとで:記憶を残し、経験を共有し、あたらしい未来へ向かうために ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続〜」
を開催いたします。 
  On 3-4 August, 
the " Fukushima Dialogue After Fukushima Nuclear accident: How far have Fukushima rehabilitation progressed? -in view of agriculture and fishery-
~Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)~"
will be held.

日時・場所/Date, Venue
8月3日(土曜日):フィールド見学 ※要事前予約
予約はこちらから→ https://fukushima-dialogue.jp/entry201908/
17 時半~19 時半 懇親会 東日本国際大学食堂

8月4日(日曜日):東日本国際大学 1号館101教室 ※予約不要、参加費無料

3rd August (Sat): Field tour
* Authorized personnel / available for the general public.
Advanced registration is required. https://fukushima-dialogue.jp/entry201908/
* Reception will be held at the cafeteria in Higashi Nippon International University.

4th August (Sun): Higashi Nippon International University 101, Building No.1
* Open and free to participate.
* 15 min from Iwaki Station. Parking available.



共催
国際放射線防護委員会(ICRP)、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)、NPO法人福島ダイアログ
後援
フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)

Coorganized by: International Commission on Radiological Protection (ICRP),
Japan Atomic Energy Agency (JAEA) and NPO Fukushima Dialogue
Supported by: Institut de radioprotection et de sûreté nucléaire (IRSN)

目的/Objective of the Dialogue
原発事故から8 年が経過したが、福島県内の産業、特に一次産業には依然として原発事故の大きな影響が残されている。影響は、放射性物質への対応のみならず、社会的な側面の比重が大きくなっており、課題は生産の現場のみならず、流通・小売、消費まで及んでいる。このため、事故の影響の全容を見渡すことが難しくなっている。そこで、ダイアログセミナーの場を利用し、生産から流通・小売、消費のそれぞれのステークホルダーを交え、農業と漁業の現状について話し合い、また現場における実態と課題について国内外に発信する機会としたい。2 日の日程のうち、1 日については現地視察を行う。現地視察に
ついては、受け入れ準備の調整のため、先着順事前申し込み者のみ。2 日目のダイアログについてはこれまでどおり、自由参加とする。

Since the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station's Accident, it has already passed 8 years. However, industries in Fukushima Prefecture, in particular primary industries, have been influenced by the accident significantly so far. The impact does not only concern the control of radiatopm but also the economic and social aspects. Recently these latter have even become dominant.. The problem reaches
not only the production sites but also the distribution, retail and consumption of the products. It is therefore difficult to understand the full impact of the accident. Accordingly, various kinds of stakeholders (producers, distributors, retailers and consumers) will be involved in this Dialogue meeting which should be an opportunity to send information of the current situation and problems in
agriculture and fishery inside and outside Japan. The dialogue meeting will be two days: the first one for field visit and the next one for the Dialogue meeting. The objective of the field visit is to better understand the current situation. Participants to the field visit must be registered in advance but the participation of the Dialogue meeting is free.

日程/Schedule
1日目:8 月3 日(土) ※要事前予約
8:15 いわき駅前集合(ミスタードーナツ前)
17:30~19:30 懇親会(東日本国際大学 食堂)

2日目:8 月4 日(日) ※事前予約不要
8:30~ 受付開始
9:00~17:00 東日本国際大学1号館 101大教室

Day 1: Saturday 3rd August
8:15 Meet at Iwaki Station (In front of Mister Donut)
* Authorized personnel / available for the general public.
Advanced registration is required. https://fukushima-dialogue.jp/entry201908/
17:30〜19:30 Reception
* Reception will be held at the cafeteria in Higashi Nippon International University.

Day 2: Saturday 4th August
8:30 - Registration
9:00 - 17:00


詳細は、以下のプログラムをご覧下さい。
※プログラムは、最終版ではありません。随時アップデートしたものに差し替えますので、ご注意下さい。

報道関係者の皆さまへ】 
取材自由となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。

2019年5月15日水曜日

2018年12月15日16日 福島ダイアログセミナー資料/15-16 December, 2018 the materials of Fukushia Dialogue Seminar

福島ダイアログ「福島第一原発事故のあとで:記憶を残し、経験を共有し、あたらしい未来へ向かうために ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続〜」
the " Fukushima Dialogue After Fukushima Nuclear accident: preserve memory, share experience and go toward the future Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)"
(2018年12月15日、16日、福島県いわき市/December 15-16, 2018, Iwaki City, Fukushima)

12月15日/December 15

セッション1:背景共有―なぜ、そしてなにを私たちは共有し、伝えるのか
Session 1: Setting the scene - Why and what should we share and transfer

ジャック・ロシャール Jacque LOCHARD (ICRP)
安東量子 Ryoko ANDO (Fukushima Dialogue Committee)
高村美春 Mika TAKAMURA(南相馬市 Minamisoma city)
  • 南相馬市で暮らしてきて Testimony and views of a Fukushima resident(Japanese)
  • 映像 Video (YouTube)
大橋庸一 Yoichi OHASHI(双葉町 Futaba)、菅野源勝 Genkatsu KANNO(川俣町 Kawamata)
  • 川俣町山木屋と双葉町細谷地区の交流 Communication between Yamakiya (Kawamata town) and Hosoya district (Futaba town)
吉岡正士 Tadashi YOSHIOKA(アルパイン(株) Alpine)
佐藤秀人 Tatsuko KAMATA(伊達市 Date city)

セッション2:ワークショップ
Session 2: Breakout session


12月16日/December 16

セッション3:どのように経験を共有し、伝えるか?
Session 3: How to share and transmit the experience?

ティエリー・シュナイダー Thierry SCHNEIDER (CEPN)
植頭康裕 (Yasuhiro UEZU (JAEA)
石森真理 (Mari ISHIMORI (広島大学 Hiroshima University)
  • 被災地の外に住む住民の観点から The views of a resident living outside the affected territories
下枝浩徳 Hironori SHITAEDA (葛尾村 Katsurao)
  • 地元で活動する観点から The views of a local organisation
  • 映像 Video (YouTube)
原尚志 Takashi HARA (福島高校 Fukushima high school)
  • 高校教員の観点から The views of a high school teacher
  • 映像 Video (YouTube)
テッド・ラゾ Ted LAZO

セッション4:前へ向かって進むために
Session 4: The way forward

ダイアログ「私たちは、事故とその帰結の記憶を残すために なにを生み出すべきか。さまざまな人びととなにを分かち合うべきか。次の世 代になにを伝えるべきか」
Structured Dialogue: What should we archive to keep the memory of the accident and its consequences? What should we share with various people? What should we transfer to future generations?

参加者 Participants:石森真理 Mari ISHIMORI、下枝浩徳 Hironori SHITAEDA、原尚志 Takashi HARA、吉岡正士 Tadashi YOSHIOKA、半谷八重子 Yaeko HANGAI、門馬麻衣子 Maiko MOMMA、遠藤眞也 Shinya ENDO、高村美春 Miharu TAKAMURA、 遠藤佑哉 Yuya ENDO、神藤俊夫 Toshio JINDO、クリス・クレメント Chris CLEMENT、テッド・ラゾ Ted LAZO

ジャン=フランソワ・ルコント Jean-Francois LECONTE (IRSN)

まとめの議論 General discussion
ジャック・ロシャール Jacque LOCHARD (ICRP)
中山真一 Shinichi NAKAYAMA (JAEA)
安東量子 Ryoko ANDO (Fukushima Dialogue Committee)
ジャック・ロシャール Jacque LOCHARD (ICRP)

2019年3月23日土曜日

動画「信頼を取り戻す・末続地区の経験ー原発事故の後で」Video "Regaining Confidence after the Fukushima Accident: the Story of the Suetsugi Community"

2012年から福島県いわき市久之浜町末続地区で、福島のエートスと住民の皆さんと共同で行ってきた放射線測定の活動について、30分ほどのビデオにまとめました。
We have developed a half-hour video about our radiometry activities in collaboration between Ethos in Fukushima and residents in Suetsugi community, Hisanohama town, Iwaki city, Fukushima prefecture since 2012.

出演した関係者の皆さまのご許可をいただき、公開いたします。
Now it is published with permission from the people involved.

これまでの測定の概要とエッセンスがわかりやすくまとめられています。 英語の字幕付きのバージョンも用意いたしました。
The essence is well outlined in this summary of the measurements done so far. English subtitled version is also available.

制作にご協力いただきました皆さまに心から御礼申し上げます。
We are deeply grateful to all the people who offered help and assistance for this video development.


「信頼を取り戻す・末続地区の経験ー原発事故の後で」(32分58秒)


"Regaining Confidence after the Fukushima Accident: the Story of the Suetsugi Community" (32minutes 58seconds)

2018年11月16日金曜日

2018年12月15日(土)、16日(日) 福島ダイアログ「福島第一原発事故のあとで:記憶を残し、経験を共有し、あたらしい未来へ向かうために」開催のお知らせ/Fukushima Dialogue: After Fukushima Nuclear accident: preserve memory, share experience and go toward the future

  12月15日、16日の両日にかけて、
「福島第一原発事故のあとで:記憶を残し、経験を共有し、あたらしい未来へ向かうために ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続〜」
を開催いたします。
  On 15-16 December,
the " Fukushima Dialogue After Fukushima Nuclear accident: preserve memory, share experience and go toward the future Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP)"
will be held.

【会場】
いわき市 東日本国際大学 1号館101教室
※いわき駅から徒歩15分 駐車スペース約100台あり
【Venue】
Higashi Nippon International University 101, Building No.1
15 min from Iwaki Station. Parking available.


【目的】
  福島第一原子力発電所事故から七年以上が経過した。事故による直接的な影響を受けた人々の間でも、しだいに事故の記憶はうすれはじめている。このことは日本や国外においても、事故に直接巻き込まれることがなかった人たちについては、特に顕著である。
  今回のダイアログセミナーの目的は、事故の教訓のみならずその帰結を含めた事故の記憶に命を吹き込むため、各地域、国内、国際的に行われて来た活動を共有することである。これはまた、現在の世代と次の世代とで事故の経験の共有と伝承を行ない、事故後の新しい未来にむかっていく今後のさらなる動きについて考えることにもなるだろう。
【Objective of the Dialogue】
  More than seven years have passed since the accident of the Fukushima Daiichi nuclear power plant. Gradually the memory of the accident fades among the people who have been directly affected. And this is especially true for those who have not been directly involved in not only Japan but also abroad. In this context residents of the affected territories have the fear of being abandoned.
  The objective of the dialogue is to share the actions already undertaken locally, nationally and internationally to bring to life the memory of the accident with its consequences but also its teachings. It is also about thinking about future actions to strengthen the sharing and transmission of the experience of the accident to the present generation and future generations.

【日程】
12月15日(
    08:45〜  受付
    09:15〜  開会
                 1日目の午後は会場参加型のワークショップがあります。
    16:45    終了予定
    17:30〜  懇親会(参加自由、参加費無料)
12月16日(
    08:45〜  受付
    09:15〜  開始
    16:55    終了予定
  詳細は、以下のプログラムをご覧下さい。
※プログラムは、最終版ではありません。随時アップデートしたものに差し替えますので、ご注意下さい。

【報道関係者の皆さまへ】
  取材自由となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。

2018年10月10日水曜日

『Health Physics』誌に論文が掲載されました。 Paper published in Health Physics Journal.

   米『Health Physics』に、安東の論文「Trust—what Connects Science to Daily Life」(翻訳:荒井多鶴子さん)が掲載されました。
   Ando's paper "Trust—what Connects Science to Daily Life", translated by Ms Tazuko Arai, has been published in Health Physics.

  2018年10月30日まで、無料で全文閲覧、PDFもダウンロードできます。
   Free access link is available until 30 October 2018.

Abstract
   Seven years have passed since the Tokyo Electric Power Company Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster in March 2011. The actions taken by the Japanese government, such as issuing evacuation orders and setting decontamination and food safety standards, created huge confusion in society that led to a breakdown of trust. The residents of Suetsugi, a small village located about30 km south of the plant, sought to understand and overcome the effects of radiation by measuring contamination and personal dose, etc. In my work through Ethos in Fukushima (a nonprofit organization in Iwaki, Fukushima), I learned that trust—not just measuring radiation or acquiring more scientific knowledge—has been the critical factor for them to regain a sense of order in their lives. The level of radiation has decreased since 2011; however, the community still struggles with rebuilding the community.

2018年7月17日火曜日

Report of Fukushima Dialogue, 11 February 2018 (2nd day) - to share current situations and the future of Odaka area of Minami-soma City

Day 2

  We held the Dialogue at Minami-soma City Information Exchange Centre on the second day. For the Dialogue, we'd asked to join the people not only who lives in Odaka area but also who attended the 8th ICRPDialogue Seminar that had been held in May 2014 in Minami-soma City, and asked to talk about what has been changed and unchanged from then.

  Many of the attendees from overseas also had attended the 8th Dialogue, so this clearly highlighted the change of the situation then and now.
  In the 8th Dialogue seminar held in May 2014, voices of anger, sorrow and confusion were still strongly remained, and concerns for radioactivity were repeatedly raised.
  However, at this time such concerns were hardly raised in the Dialogue, and instead, it became a major theme that how to rebuild the daily life and area communities from now on, which had been drastically changed from that of before the disaster.
  Compared to before the disaster, the production-age population decreased about 13 000 in whole Minami-soma city. Among rapid population decrease and the ageing society, plus considering gradually settling reconstruction works and decreasing workers engaged in, it is becoming a major issue how to enliven the region.
  Meanwhile, from a viewpoint of people who returned and are living in the area, issues were told about how to establish independence in daily life among loosen local relationships, which once close. Ms Kamata at Ohmachi Kirakira Salon, who engages in community activities at reconstruction public housing, told her story about why she started to promote communication: She felt a sense of crisis against the situation that without an intervention people even cannot give the names of neighbours nor where they live in, since they newly start their lives in reconstruction public housing, gathering from different places they originally had lived. With persisting activities, people recognised the faces of each other bit by bit, and they gradually formed connections that have greetings upon meeting. However, it is also told that there are not that many reconstruction public housing that such autonomous actions are held, so in other than such places the communities in reconstruction public housing are difficult to be organised.

  Furthermore, there was an indication that after the disaster people are becoming 'support addiction' and their self-help is hindered by excessive supports from the outside. On the other hand, what I realised is that there is a dilemma in the situation in decreasing and ageing population, people face difficulties in maintaining the local society without supports from outside.
  A story was told about a local table tennis club formed by some people returned home in Odaka area, having a good time with playmates. The club T-shirt presented there says:
 "Wanna fish at Murakami, wanna dig clams at Kawarada, wanna pick sansai at Kanaya and wanna eat them all!" 
I think many of the people who choose to return certainly have returned with such wishes in their mind.

  In Minami-Soma, not only Odaka area had been under evacuation order but also the coastal area had enormously damaged by the tsunami. Each place has different situations, and furthermore, the passage of time after the disaster has enlarged the situation change. From the Dialogue, it can be surmised that even people who live there have a difficulty to understand the entire situation.
  It was impressive that a number of attendees told that such an opportunity for communication is very important to share each other's changing situation. This had not been seen in the Dialogue held in 2014. I think this reflects the followings; the situation becoming settled allowed people to have a spare feeling to look at the situation around, and furthermore, the number of people is growing who want to look back the change of the situation, and want to know the situation around more properly.

  Personally, I am concerned that some people seem hesitating to say their feelings, who are not in the circle of returners expressing their intention to make things go by themselves. After the Dialogue, some people who I personally listened to told that
they couldn't express themselves satisfactorily.
This is a major matter that should be reviewed as an organizer of the Dialogue. Moreover, I strongly felt that it is necessary to elaborate the Dialogue structure among the diverging situations. They told that they had the hesitation to tell their stories because they were afraid that
they were dragging down the rehabilitation or people would think they were backwards-looking.
It would be true that the concerns for radioactivities are declining, however I am anxious about there was hardly any talk on such things, supposing that they are unconsciously avoiding to touch the issue, by the feeling that it would bring in reputational harm by talking about their concerns.

  Apparently, people who already returned home tend to have a scheme of the regional revitalisation in their minds supposing that the people who are still in refugee not to return anymore. On the other hand, it seems there are those who are in refugee have some feeling towards the situation.
Even though they do not return, it's not that they forgot their home nor abandoned it. If they have a chance, they still want to engage in the issues on their home where they can, and want to help by what they can, but they do not know what to do, nor how they can be involved
-- voices of such an internal conflict were also heard.

  The rehabilitation is not something done in a couple of years: It must even be a very long-term process of continuing into the future. In such a long time passage, of course, people will move. Perhaps there would be someone who returns in a decade or two. Or there would be someone who considers living in the land of his/her parents or grandparents. Or there would be someone young once left home changes his/her mind after some time. Not dividing people between to return or not at the moment, I think it would be important to maintain the environment more people wish to live in who have relationships with the area to enable them to support the rehabilitation.

  Ms Astrid Liland at Norwegian Radiation Protection Authority, who once had been visited Minami-soma in 2014, told her thought about the difference between last time and this time. She told that she is very glad to see the advance of the rehabilitation and to feel a far more relaxed atmosphere, but she also pointed out there are some cycles that an action to cope with the disaster-related problem brings another new problem again. For example, the accident occurred and radioactivity had spread. Decontamination to address this problem brought other problems such as decontamination wastes and temporary storages, and furthermore, lead to the issue of intermediate storage facilities. The same thing could be said for the issue of solar panels. These cycles are seen in many situations without being solved and are complexly intertwined. I also think there is an aspect that these cycles make the rehabilitation issues more difficult.

  This time the Dialogue made us feel that the stage of rehabilitation after the disaster has been largely changed. It has also indicated that issues hereafter would not be solved in a short time, and will require us a long-term strategy. I think a phase comes that persistent efforts are required furthermore.


  And last but not least, I would like to express my sincere gratitude to the staff of Minamisoma City Office, Mr Shigehiro Sugi, Mr Hiroshi Yoneda, Ms Tatsuko Kamata, Mr Hiroshi Murata at Odaka Redesign Center and Nippon Foundation, for their enormous cooperation for holding this Dialogue.

Responsible for the article: Ryoko Ando

2018年2月11日 福島ダイアログ「南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会」2日目ご報告

2日目

  二日目は、南相馬市情報交流センターにて、ダイアログを行いました。ダイアログの場には、小高区の方だけでなく、2014年5月に南相馬市で開かれた第8回ICRPダイアログセミナーにご参加いただいた方にもお声がけし、当時から変わったこと、変わらなかったことについてもお話いただきました。

  海外からの参加者も、この時に参加していた人も多く、当時と現在の状況の違いが浮き彫りになりました。
  2014年5月のダイアログセミナーでは、怒りや嘆き、混乱の声がいまだ強く残っており、放射能への懸念も繰り返し提起されました。
  今回のダイアログセミナーでは、放射能に対する懸念については、ほとんど出てこず、震災前とは大きく変わってしまったこれからの暮らしや地域をどう立て直していくか、ということが大きなテーマとなりました。
  震災前から比べると、南相馬市全体では、生産年齢人口が約13,000人減少しています。人口減少と高齢化が急速に進み、また、復興工事が収束に向かい、この先は工事関連の労働者が減ってしまう中、どのように活気を作っていくのかが、大きな問題となっています。

  一方で、地域に戻って暮らしていく生活の中でも、これまでの地域のつながりが薄くなってしまった状況から、自立しつつどのように暮らしていくかという点も語られました。復興住宅でコミュニティ活動をされている大町きらきらサロンの鎌田さんからは、もともと違う場所で暮らしていた人たちが復興住宅に新しく住まうことになったなか、放っておいていたのでは、どこに誰が住んでいるのか、それぞれの名前さえわからない状況に危機感を覚え、交流を始めることにしたという話を伺いました。継続的な活動を続けるうちに、少しずつ顔をおぼえ、出会った時に挨拶をする関係ができてきた話も語られました。ただ、こうした自治的なコミュニティ活動が行われている復興住宅はそんなに多くはなく、そうした場所では、復興住宅内のコミュニティが構築されにくい、という話もありました。
  また、震災後、外部からの支援を多く受ける中で「支援慣れ」してしまい、自立が阻害されているのではないかという指摘がある一方、人口が減ってしまい高齢化が進んだなかで、外部からの支援がなくなって、この先も地域を維持していけるのかというジレンマもあることを感じました。
  小高区に戻って暮らしている方たちは、地域で卓球クラブを作り、そこで仲間と一緒の時間を楽しく過ごせていることも話されました。ご披露いただいた卓球クラブのTシャツには、
「村上で釣りしたい。川原田でしじみとりたい!。金谷で山菜とりたい。そして食べたい!」
と書かれています。戻って暮らす選択をされた多くの方たちは、きっとこうした願いとともに戻られたのではないかと思います。

  南相馬市では、小高区に避難指示が出ていただけでなく、沿岸部では津波による甚大な被害を受けており、それぞれの場所によって状況が違うだけでなく、震災後も時間の経過によって状況の変化が大きく、そこに暮らしている人でも、全容を把握することが難しい状態になっていることも窺えました。
  変わってしまった互いの状況を共有するためにも、こうした対話の機会は非常に重要であると何人もの方がおっしゃったのが印象的です。これは、2014年に開かれた時にはなかったことで、ある程度状況が落ち着いて、まわりの様子を見渡す余裕ができてきた一方、状況の変化について振り返り、まわりの状況をきちんと知りたいと感じる方が増えたせいではないかと思っています。

  個人的には、戻った人たち、暮らしている人たちは、戻った人間でがんばってやっていこう、という意思が見える一方、そこから外れた方たちたものが言いにくそうにされていたのが気になっています。ダイアログの後、安東が個人的にお話を伺った何人かの方は、
自分の言いたいことがうまく言えなかった、
と言われていました。これは、ダイアログの運営者としては大きな反省点である一方、それぞれの状況の違いが大きくなるなかで、ダイアログをするための工夫の必要を強く感じました。
復興の足を引っ張ってしまうのではないか、後ろ向きと思われるのではないか、
そうした意見を言うことがはばかられ、語ることをためらったとのことでした。放射能に対する懸念が減ったことは事実でしょうが、話がほとんど出なかったことについては、懸念を語ることによって風評被害を呼び込んでしまうと感じられて、無意識に避けられているのではないか、ということも、気になりました。
  地元に戻っている方たちは、避難先にいる人たちは、もう戻ってこないだろう、という前提で、地域の再生を考えている方が多いように見えました。一方で、避難先にいらっしゃる方たちは、割り切れない思いを抱えている方もいらっしゃるようです。
戻らないからといって、故郷を忘れたわけではないし、捨てたわけでもない。この先も、関われる部分では関わっていきたいし、自分が役に立つことがあれば力になりたいけれど、なにをすればいいのか、どう関わればいいのかわからない、
そうした葛藤の声も聞かれました。
  復興は、数年で完結するようなものではなく、この先もとても長い過程を経ていくものにならざるを得ません。長い時間の中で、当然、人の移動もあります。10年先、20年先に戻ってくる方もあるかもしれない。あるいは、子供さん、その先のお孫さんの時になって、縁のある土地に住んでみようと思われる方もいるかもしれません。一度は出て行った若い人が、時間を経て、やっぱり戻ろうかと思うかもしれません。現時点での「戻る/戻らない」で二部するのではなく、地元に縁のあるより多くの人たちが、暮らしたいと思える環境を作り、復興を支えられるようにしていくことも大切なのではないかと思いました。

  2014年にも南相馬を訪れているノルウェー放射線防護庁のアストリッド・リーランドさんから、前回と今回の違いについて感じたこともお話いただきました。2014年に比べれば、はるかに落ち着いた雰囲気になっていて、復興が進んでいるのを見てとても嬉しい、との言葉が出る一方で、震災への対応を行うと、それがまた新たな問題を生むというサイクルになっているという指摘もありました。事故が起き、放射性物質が広がった。対策のために行った除染が、除染廃棄物や仮置場の問題を生み、それが中間貯蔵施設の問題にもなっている。ソーラーパネルについてもそうですが、こうしたサイクルが各所に見られ、それぞれが解決しないまま複合的に絡み合い、復興の問題をより難しくしている側面があると安東も感じています。

  今回のダイアログは、震災後の復興のステージが大きく変わったことを感じさせるものとなりました。この先の問題は、短期間では解決せず、長期的になることも、強く予感しました。粘り強い取り組みがより一層必要とされる時期になっているのだと思います。


  最後になりましたが、今回のダイアログ開催にあたって、多大なる協力をいただきました南相馬市役所、杉重博さん、米田寛さん、鎌田たつ子さん、小高復興デザインセンターの村田博さん、そして日本財団のご支援に心から感謝申し上げます。

文責:安東